estceque’s blog

コンセプトは、書きたいときに気軽に書く

Mac mini (Early 2006)でWindows 10 Pro (32-bit)を動かす

Mac mini (Early 2006)にWindows 10の32-bit版を入れることができました。

インストールの手順を記録しておきます。

 

準備するもの

- Mac OS X Snow Leopard インストールDVD

- 空のDVDディスク

- Windowsマシン (DVDドライブ搭載)

Mac OS X Snow Leopardのインストール

1. Snow LeopardのインストールDVDを挿入し、DVDから起動する

2. ユーティリティ>ディスクユーティリティからHDDを1パーティション (OS X 拡張 (ジャーナリング)、GUIDパーティションテーブル)にする

3. 作成したパーティションMacをインストール

 

Snow Leopardのアップデート

1. アップルメニューからソフトウェア・アップデートを起動

(推奨されませんが、インターネットに接続する必要があります)

2. ソフトウェアアップデートをインストールする

※一度にすべてまとめてインストールしようとするとうまくいかないことがあります

 

Windows 10 ISOファイルの入手

(ここからはWindowsマシン上で作業を行います)

最近のPCではUSBからWindows 10をブートすることができますが、古いMacではUSBからブートできない場合が多いです。

DVDからインストールするほうが確実です。

1. Microsoftのサイトからメディア作成ツールをダウンロード

2. メディア作成ツールを用いてISOファイルをダウンロード

(32-bit版のみをダウンロードするようにしてください。両方を選択するとISOファイルのサイズがDVDの容量 (4.7GB)を上回ってしまうので注意してください。)

 

Windows ADKを適用する

Windows ADKを用いて、DVDから起動した際にEFIモードでブートするように設定してやる必要があります。

この作業を行わないとDVDをブートした際に"Select CD-ROM Boot Type:"と訊かれたまま先に進めなくなってしまいます。

1. MicrosoftのサイトからWindows ADKをダウンロード

2. Windows ADKをインストールする (Deployment Toolsだけ入れれば大丈夫です)

3. 先ほどダウンロードしたISOファイルをマウント (ダブルクリック)する

(ISOファイルがDドライブにマウントされたとします)

4. Windows ADKよりインストールされた展開及びイメージング ツール環境を管理者として実行する

5. 次のコマンドを入力する

oscdimg -n -m -bD:\boot\etfsboot.com D:\ C:\Windows10.iso

 

Windows 10 インストールDVDの作成

1. Cドライブ直下に作成されたWindows10.isoを空のDVDに書き込む

 

パーティションの作成

(再びMacに戻ります)

1. Boot Camp アシスタントを起動する

2. パーティションを分割する

 

Windows 10のインストール

1. 先ほど作成したDVDを挿入

2. option (alt)キーを押したまま起動

3. ブートメニューからDVDを選択

4. 指示に従い、WIndows 10をインストールする

 

ドライバのインストール

1. AppleのサポートページからBoot Camp ソフトウェア4.0.4326をダウンロード

2. ZIPファイルを展開しDriversフォルダ内のインストーラを片端からインストール

(特にIDT SigmaTelのSigmaTelSetup.exeをインストールすると内蔵のサウンドが使えるようになります)

 

以上で作業は終了です。

Boot Campコントロールパネルの32-bit版がないため使えない機能が多少はあるものの、使用する分には支障はないでしょう。

 

みなさんもWindows 10でMacに第二の人生を与えてみてはいかがでしょうか?

iMac (Late 2006)のWindows 10 (64bit)で内蔵オーディオにドライバを当てる

未だに現役で稼働しているiMac (Late 2006)。

Windows 10のお陰でこの先もずっと使い続けることができるわけですが、Windows 10をクリーンインストールしたところ、内蔵オーディオにのみドライバを当てることができず、やむなくUSB接続のスピーカを使用していたわけですが、やっぱり周辺機器は少ないほうが机上がすっきりして心地よいわけです。

 

そして、やっとドライバを当てることができたのでiMacを愛するすべての方のために方法を紹介しておきます。

 

準備するもの

 

手順

  1. Windows 10でSnow Leopardのインストールディスクを挿入する
  2. ディスクを開き「Boot Camp\Drivers\IDT SigmaTel\SigmaTelSetup.exe」を実行する
  3. 完了

 

...つまり、単純にBoot Campドライバを当てただけです。多分当て忘れていたのでしょう (Cirrus LogicやらRealtekやらのドライバを試したのは徒労でした)。

 

インストールディスクを持っていない!という方のために、当てたドライバの情報を載せておきます。

f:id:estceque:20180304171937p:plain

 

同じバージョンのドライバファイルが見つかりませんでしたが、Microsoft Update カタログに少し古いバージョンのドライバがあったので、こちらを試してみてはいかがでしょうか?

 

Microsoft Update カタログ

ESPr DeveloperにATコマンドを送っても反応がないのでファームウェアを書き換える

f:id:estceque:20170306132234j:plain

 

先日、Aliexpressにて購入したESPr Developer ($4.99)が届いたのでArduino IDEを用いて動作確認を行っていたのですが、シリアルモニタからATコマンドを送っても何も反応がありませんでした。

 

ESPr Developer(ESP-WROOM-02開発ボード)

ESPr Developer(ESP-WROOM-02開発ボード)

 

 

調べてみると、ファームウェアを書き換えれば良さそうだったので書き換えに挑戦してみました。(リンク先を参考にさせていただきました)

 

スイッチサイエンス社のESPr Developerのページによると、ファームウェアの書き換えはArduino core for ESP8266 WiFi chipまたはEspressif社製SDKを使用する限りにおいて認証に影響を与えないとのことですので、他環境で使用している方はお気をつけてください。

 

手順

ESP8266 SDKおよびFlash Download Toolsのダウンロード

 ESP8266の開発元であるEspressif社のウェブサイトからESP 8266 SDKおよびFlash Download Toolsをダウンロードします(SDKはNON-OSのものをダウンロードしました)。

私は、「ESP8266 NONOS SDK V2.0.0 20160810」と「Flash Download Tools V3.4.4 (ESP8266 & ESP32)」をダウンロードしました。

ファームを書き込む

Flash Download Toolsを起動するとどのモジュールを使用するのか訊かれるので、ESP8266 DownloadToolを選択します。

f:id:estceque:20170306134208p:plain

Download Toolが起動したら次のように設定します。

Download Path Config

ダウンロードしたSDKフォルダの中にある次のファイルを指定します。

\bin\boot_v1.6.bin @ 0x00000

\bin\at\512+512\user1.1024.new.2.bin @ 0x1000

\bin\blank.bin @ 0xfe000

\bin\esp_init_data_default.bin @ 0xfc000

SpiFlashConfig

CrystalFreq: 26M

SPI SPEED : 40MHz

SPI MODE: QIO

FLASH SIZE: 32Mbit

Download Panel

COM: 各自指定(Arduinoで書き込むときのポートと同じです)

BAUD: 115200

 

f:id:estceque:20170306134410p:plain

 

設定が完了したらESPr Developerのリセットボタンではないほうのボタン(動作モード切替ボタン)を押しながらSTARTを押すと書き込みが開始します。

 

完了すると、無事にArduino IDEのシリアルモニタからATコマンドが認識されました。

f:id:estceque:20170306135813p:plain

Mac mini (Late 2009)でコプロセッサに!がつく問題を解決する

タイトルが若干説明不足ですが、Mac mini (Late 2009)に入れたWindows 10でデバイスマネージャーを眺めていたところコプロセッサに!が付いていました。

f:id:estceque:20170225212645p:plain

 

!が付いているからと言って普段使用する分には何ら支障はありませんがそのままにしておくのも何なので解決しましょう。

 

Google検索で調べてみると、次のようなフォーラムの投稿を発見しました。

https://discussions.apple.com/thread/5834924?tstart=0

 

この投稿を頼りに、まずは「デバイスのプロパティ>詳細>デバイス インスタンス パス」からパスを調べてみると、次の値が表示されました。

PCI\VEN_10DE&DEV_0AA3&SUBSYS_CB7910DE&REV_B1\3&B1BFB68&0&1D

 

f:id:estceque:20170225213159p:plain

 

この値をGoogle検索にかけたところ、フォーラムの投稿と同様に「nVidia MCP79 Co processor System」であることが分かったので今度はMCP79について調べたところ、Dellのウェブサイトにこのチップセットのドライバを含むファイルがありました。

http://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpbsd1/Drivers/DriversDetails?driverId=R273039

 

上のリンクよりダウンロードしたR273039.exeを実行し、ファイルを解凍します。

(余談ですが、この解凍ツールのウインドウの文字が読めないレベルに小さかったです)

f:id:estceque:20170225213641p:plain

 

解凍が完了するとInstallShield Wizardが勝手に起動しますが、ここではインストールは行わず、解凍したフォルダ (C:\dell\drivers\R273039)をコプロセッサのドライバの更新時に指定してやることでドライバがインストールされ、コプロセッサの!が消えるかと思います。

f:id:estceque:20170225212816p:plain

 

以上、皆様の良きOld Mac Lifeを祈っております (Windowsですが。最近のmacOSは重いです...)。